Ticket is not available

Close
Event is FINISHED

【Coffee Collection2019】ブラジル移民政策から喫茶店ブームまで 戦後日本のコーヒー史

Description

COFFEE COLLECTION AROUND KANDA NISHIKICHO 2019』錦町トラッドスクエアで開催されるCafeSnapスペシャルワークショップの予約専用ページです。
http://coffeecollection.tokyo/

いま私たちの日常に、当たり前のようにあるコーヒー。
ですが、日本でコーヒーが広く普及したのは実は戦後のこと。
たった約70年の間に、日本では喫茶店をはじめとする
独自のコーヒー文化が育まれてきました。

今回開催するトークイベントでは
「ブラジル移民政策」「戦後復興」「港町」「卸業者」「直火焙煎」
「高度経済成長」「瓶詰コーヒー牛乳」「喫茶店ブーム」「缶コーヒー」
などの“キーワード”を時代ごとにピックアップしながら、
今につながる「日本のコーヒー史」を紐解いていきます。

ご登壇いただくのは、

ブラジル移民政策の返礼として日本に届いたコーヒーを
受け取りに派遣された畔栁松太郎氏を祖父にもつ、
松屋珈琲店の畔柳一夫氏。

畔柳一夫氏は現在、
日本の喫茶文化を牽引してきたコーヒー店が数多く加盟する
東日本コーヒー商工組合の理事長もつとめています。

またナビゲーターは、
初夏にリニューアルした東日本コーヒー商工組合のサイト
「COFFEE TOWN」に掲載されている「珈琲人名鑑」にて、
約60名の珈琲人を取材したCafeSnapの大井が担当します。

戦前・戦後にコーヒーを広め、
喫茶文化を築き上げた先人たちなくして、いまのコーヒー文化はありません。
日本人として知っておきたい、日本のコーヒー史、ぜひお聞き逃しなく!



◆登壇者

東日本コーヒー商工組合 理事長・松屋珈琲店 社長 畔柳一夫
CafeSnap 大井彩子

=======================

イベント概要

◆イベント名

ブラジル移民政策から喫茶店ブームまで
戦後日本のコーヒー史


◆ゲスト
東日本コーヒー商工組合 理事長・松屋珈琲店 社長 畔柳一夫

◆日時

2019年112日(土)12:00〜13:30 受付開始 11:45


◆金額・定員

1,500円 30名  ※先着順
※松屋珈琲店のコーヒーを試飲いただけます


◆場所

錦町トラッドスクエア1F (メイン会場のテラススクエアから徒歩2分)

東京都千代田区神田錦町3-20


◆運営

CafeSnap
https://cafesnap.me/


◆このイベントのお問い合わせ先

CafeSnap
info@cafesnap.me



========================

【 お申し込みの注意点 】※必ずお読みください

・当日は必ず時間厳守でお願い致します。
イベント1週間前の申込後キャンセルはできませんのでご了承ください。
・イベントの記録として写真撮影を行います。写真を避けたい方は受付で一言お伝え下さい。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#484362 2019-10-16 13:05:20
More updates
Sat Nov 2, 2019
12:00 PM - 1:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
錦町トラッドスクエア
Tickets
申込チケット SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
東京都千代田区神田錦町3-20 Japan
Organizer
COFFEE COLLECTION 実行委員会
2,022 Followers